EVENT|静岡の就職支援・医療介護人材紹介会社|株式会社DANDL

EVENTセミナー/最新情報

人手不足の現状と解決策のポイントについて

2024/02/29

人手不足の現状と解決策のポイントについて

厚生労働省によると日本の人口減少は、少子高齢化の影響で年々減少しており、2023年9月時点で、1億2435万人となっていて、20年前の2003年(平成15年)時の1億2762万人より300万人以上減少しています。このままだと2056年には1億人台を割り、2070年には8700万人まで減少する見込みです。
一方、経済成長や社会の変化により、労働需要は増加傾向にあります。この需要と供給のギャップが、深刻化する労働力不足問題を引き起こしています。今回は日本の労働力不足の現状と労働力不足を解決するポイントについて取り上げたいと思います。

>>企業の人手不足の現状
日本における人手不足の現状について、帝国データバンクが公表している内容によると2023年10月のアンケート調査では、「人手不足を感じている」とた企業は約52.1%で前年同期比よりも1ポイント上昇しておりました。特に人手不足を感じているのが、インバウンド需要が好調な「旅館・ホテル」(75.6%)で他にもエンジニア人材の不足が目立つ「情報サービス」(72.9%)と続いています。また、2024年問題が懸念されている建設/物流業界でもそれぞれ7割近くに特定の業界・職種によっては、人手不足がさらに深刻化している状況です。
株式会社リクルートが発表している2025年卒新卒採用の充足率も74.7%で過去最低を記録おり、
新卒の求人募集をしても、企業は予定人数を採用することができていない現状にあります。

(出典:2023年版「小規模企業白書」
   ワークス採用見通し調査(新卒:2025年卒)新卒採用の充足率は75%を割る。引き続き高い採用
   意欲―大手企業の半数程度でインターンシップ(タイプ3)実施見込み
より


>>人手不足を解消するは?
 人手不足は企業の事業継続を脅かす重大な問題であり、生産性低下や事業縮小、廃業につながる可能性があります。このまま人手不足が深刻化すれば、経済成長の鈍化やサービス低下など、様々な問題が発生する可能性が高くなってしまします。それでは、企業が人手不足を解消するためにできることはなんでしょうか。今回は人手不足を解消する方法を3つご紹介します。



🌱採用活動のコストを増加させる
中小企業だとどうしても知名度で大企業に劣るため、ただ名前を見ただけではその企業がどんな事業を行っているか、どんな職種があるかが伝わりづらいことがあります。そのため、求職者に自社の魅力を伝えるためには、複数の求人サイトに情報を掲載したり、人材紹介会社に情報を提供するなどして、採用に関わる投資を増やすことも重要となります。また、自社の魅力を直接伝える企業説明会を定期的に開催することも効果的です。さらに、採用過程の効率化を図るために、専用の採用サイトや採用管理システム、オンライン面接ツールを導入することで効率化が見込まれます。


🌱社員の定着化
新しい社員を確保する過程で、既存の社員に会社へ留まってもらい長期的に働いてもらうことも大切な要素です。人材の不足を補うための採用は必要ですが、これによって採用担当の仕事量が増大することもあります。そうならないためにも、業務プロセスの最適化や職場環境の向上を図って、スタッフの退職を防ぎましょう。 さらに、新たな社員が加わった際に、社内体制が不十分だと早期退職につながるリスクがあります。従って、既存の社員が満足して働けるような環境づくりとスキルアップの支援に注力し、社内の安定を図ることが重要です。

🌱高卒新卒採用の実施
新卒採用では、多くの候補者に一斉にアプローチできる点や、コストを節約できる点が魅力です。多くの場合、大学新卒者の採用が主流となっていますが、中小企業にとって特に注目すべきは「高校新卒者の採用」です。高校新卒の採用をまだ実施していない企業も少なくありません。 高卒採用を導入することにより、企業は一早く優秀な人材を確保するチャンスを創り出せます。大学卒業生の採用に比べて採用の手順が少なく、採用プロセスをスムーズに進めることが可能です。さらに、高校を卒業したばかりの生徒は大学卒業者よりも4年も早く就職することになるので、早い段階で活躍して長期にわたって会社に貢献する可能性を秘めています。

>>まとめ
多くの業界で深刻な人手不足が問題となっており、特に「宿泊業」「情報技術業」「飲食サービス業」ではその傾向が顕著です。この人材のギャップは、新型コロナの影響だけでなく、少子化と高齢化が進む中で将来的にも永続的に続くと考えられます。 人材不足を克服するためには、採用にかける予算を増やしたり、現在の従業員が退職しないような職場環境を整えたりすることが重要です。また、高校卒業生の積極的な採用により、人材確保の機会を広げ、人手不足を未然に防ぐ採用戦略を展開していきましょう!

株式会社DANDLでは、高校生向けの企業紹介誌「COURSE」の発刊や、高校で開催される「合同企業説明会」などのサポートを提供しております。今後、高校生の新卒採用を検討されている企業様や、求人募集は行っているものの採用に繋がっていない企業様のお手伝いをさせていただければ幸いです。
お気軽にご相談・お問い合わせください。