EVENT|静岡の就職支援・医療介護人材紹介会社|株式会社DANDL

EVENTセミナー/最新情報

【後編】高卒採用で見落としがちなポイントとは?

2024/02/22

【後編】高卒採用で見落としがちなポイントとは?

高卒採用で見落としがちなポイントを前編と後編に分けて紹介しています!
今回は後編となりますので、前編をまだ読んでない方はぜひこちらからお読みくださいませ。
それでは説明していきます!

見落としがちなポイント 4 【職場見学】
ー職場見学の準備は整っていますか?ー
高校生が職場見学で確認しているところは、「この会社で働けるかどうか」です。
社内の雰囲気や社員の人柄を生徒は重要視しています。
求人票だけでは分からない仕事の様子や雰囲気を見に来ているからこそ、
会社全体で学生を歓迎する雰囲気が大切になります。
職場見学を実施する際は、会社全体にアナウンスをして迎え入れる体制を整えましょう。
※職場見学については別のページで詳しく説明しています。
【応募前職場見学会の準備・コツ】←気になる方はこちらから

見落としがちなポイント5 【面接】
ー質問してはいけないことを聞いていませんか?ー
厚生労働省では採用選考の基本的な考え方として2点定めています。それは「応募者の基本的人権を尊重すること」と「応募者の適性・能力のみを基準として行うこと」です。
※禁止事項の質問をしたことが発覚した場合、ハローワークから指導が入る可能性がありますので、要注意です。
※面接については別のページで詳しく説明しています。
【高校新卒面接の注意点・ポイント】←気になる方はこちらから



見落としがちなポイント6 【内定通知】
ー内定通知を忘れないようにしましょうー
やむを得ず、応募者を不採用にする場合もあるでしょう。不採用にすることは問題ありませんが、「不採用の際も速やかに連絡する」「不採用の理由を明確に伝える」ことを忘れないようにしましょう。高校生は基本的に1人1社というルールの中で選考を受けていますので、合否に関わらず選考結果ははやく伝えることが望ましいです。

ー内定通知は高校を通して連絡しましょうー
高校生が卒業するまでは基本的に学校を通して、先生から応募者に通知される仕組みになっています。在学中に書類を送る際も先生宛に発送するようにしましょう。内定承諾書以外の書類提出を求めることも原則禁止です。

まとめ
いかがだったでしょうか?
後編では「職場見学」「面接」「内定通知」で見落としがちなポイントを紹介しました。
別のページでも詳しくまとめておりますので、参考にしていただければ幸いです。

株式会社DANDLでは、高校生向けの企業紹介誌「COURSE」の発刊や、高校で開催される「合同企業説明会」などのサポートを提供しております。今後、高校生の新卒採用を検討されている企業様や、求人募集は行っているものの採用に繋がっていない企業様のお手伝いをさせていただければ幸いです。
お気軽にご相談・お問い合わせください。